ビジネスローンの注意点 0

ビジネスローンの契約する前に、注意点をしっかり確認しておきましょう。
契約をしてしまえば、取り消す事はまず不可能です。
またビジネスローンは、さまざまな会社で取り扱っており、
それぞれサービス内容が異なります。
まずは【注意点】をしっかり確認し、失敗しないローンを契約しましょうね。

<ビジネスローンの注意点>

■金利を比較する

銀行系・ノンバンク系(消費者金融・信販会社など)によって
金利はバラバラなんです。
安さで見れば銀行系、ですがノンバンク系も低金利キャンペーンなどが
行われていると、審査が緩く銀行並みの金利でローンが契約
出来る可能性があるので、金利の比較をすることをオススメします。

■返済総額の確認

ビジネスローンは「元金+金利」で返済総額となります。
元金だけを確認して、返済に問題ないと思っていても、金利が
上乗せされる事を忘れないようにしましょうね!

■条件の比較

金利にバラつきがあるように、主な借入条件もバラバラです。
特に返済期日や融資金額は各社で差があるので、まとまった金額の
融資を希望なら、初めから融資限度枠の広い会社を選ぶのがオススメです。
参考サイト
【おまとめローンで借金をまとめて一本化】失敗しない借金の一本化

学生でも借りられる? 0

キャッシングは基本的に、かつて消費者金融がサラ金(サラリーマン金融)と呼ばれていたように、収入のあるサラリーマンがその顧客を占めていました。
しかし最近では学生ローン、という言葉がありますように、学生でもキャッシングが出来るようになっているようです。
ただし未成年の場合、法律の関係上保護者の承認が必要になってくるケースもあります。
ただ学生はどうしても無収入である、とキャッシング業者は考えていますので、融資額は少なくなる傾向にあります。もっとも、金利も比較的安く抑えられていますので、その点は安心出来るところですね。
またキャッシングとは少しかけ離れますが、例えば車のローンを組むことも可能です。成人していればそのままローンを組むことが可能になりますし、未成年であれば親の承諾があれば可能です。
ただし学生の場合、先にも書きましたがキャッシングの場合だと融資額が少なくなりますから。本当の意味で、しっかりとした返済計画が求められることになります。生きたお金の勉強、という意味で、キャッシングを経験してみるのもアリかもです?

カードローンの返済について 0

カードローンでキャッシングをした場合には、借金をしているとこと一緒なので当然返済をしなくてはいけません。通常であれば、一括返済や分割返済などをしています。しかし、カードローンの場合はほとんどの企業でリボルビング払いを採用しています。

このリボルビング払いはクレジットカードでの支払いでお馴染みですね。これは残債務に応じて返済金額が決まってくるという仕組みをとっています。この方法は企業側も債務者側もメリットがあるということで知られています。

この方式での返済は基本的に、支払回数が多くなります。借入額に応じて月々の支払金額が決まるので、残高が少なくなればなるほど、支払金額が少なくなります。しかし、支払回数は一定のままです。債務者側からしたら月々に支払う金額が少なくて済むので助かります。一方で、企業側からしたら支払回数が増えるので、その分利息を多く取ることができますので、利益になります。両者ともメリットがあるということで、この方法は瞬く間に広まり、そして浸透しているのです。

過払い請求にまつわるインチキ弁護士? 0

改正化資金業法が改正されました。それ以前にキャッシングをしており利息を支払っている人は、過払い請求をすることができます。しかし、ここに落とし穴が存在していることを知っておく必要があります。

「過払い請求をすることでお金が戻ってきます」という宣伝を目にしたことがある人は多いのではないでしょうか。この法律が改正されたことにより、法律事務所などがこの宣伝を多く出しています。弁護士事務所と聞くと何だか信用してしまいがちになります。ですが、ここに悪徳業者が隠されていることになりますので注意しておく必要があります。

弁護士や司法書士などは法律の専門家です。そして、過払い請求をする場合にはある程度の知識が必要になります。ですが、相談する人は当然そういった専門知識を持っていることはありません。もし、相手がインチキ弁護士であった場合でも気づきにくいという点がポイントになります。そして、インチキ弁護士の言いなりになる可能性があります。過払い請求で獲得したお金の大半を自分のポケットにしまい、残りの金額を「これだけ請求できました」ということで渡すのです。こうした手口もありますので、注意しましょう。

キャッシングとの違いについて 0

カードローンとキャッシングにはどのような違いがあるのでしょうか?最近では、消費者金融などもこのふたつに関しては、あまり定義を付けることなく使われています。ですが、厳密に言えば違いがあります。

カードローンは、大口の金額を借りて、その後毎月返済をしていくという方式を採用しています。以前は頭に「カード」はついておらず、通常の「ローン」としての扱いで認知されています。住宅ローンや、マイカーローンなどが知られています。

では、キャッシングとはどのような意味なのでしょうか?キャッシングは、ローンとは違い、「小額のお金を担保や保証人を付けずに、金利は高いがすぐにお金を貸す」という意味があります。つまり、カードローンは莫大なお金を借りることであり、キャッシングは小額のお金を借りることなのです。

しかし、違和感を感じる人もいるのではないでしょうか?実は、最近はこの垣根は無くなりつつあります。カードローンでも小額のお金を貸す企業も増えてきました。ふたつはどちらも同じような意味になっていますので、使い分けをしているところも少ないのです。

カードローンと銀行口座 0

カードローンを使ってキャッシングをする場合には、銀行口座の開設が必要不可欠です。カードローンは、多くが金融機関が発行しているローンになります。そして、債務者は必ず返済をしなくてはいけません。その返済窓口として使用されるのが、借入先の金融機関の口座であることが条件になります。

つまり、カードローンを利用するならば、指定された銀行口座を開設することが求められています。そして、銀行口座を開設することにより、様々な特典を得ることもできますので、必ず開設をしておくべきです。引き落としなどをその銀行で使う場合には、ローンの金利が優遇されたりします。要はその銀行を積極的に利用している人には、ローンの部分で待遇を良くしてくれるのです。ということは、やはり銀行口座は開設しておくべきであり、もし開設しているのであれば、積極的に利用することが望ましいのです。

そして、専用の口座を用意しておくことで借金の管理をすることもできます。自己管理をする上でも重宝する存在です。